no.179 アトリエ&制作

a0139315_1484862.jpg



アトリエでは どんな制作をしているのですか?
今 制作していますか?

嬉しいコメントをいただいたり、制作の様子をのぞきにきてくださるお客様。
ありがとうございます。


green CAFÉがお休みしている 毎週水、木、金はアトリエとして活動しています。
(※仕入れ、打ち合わせで外出中もあります)

まずは 皆さまにもご参加いただいています 月に1度テーマを変えて企画の 「FLOWER LESSON WEEK」

そうして、今は同時に4つほどの制作&準備をすすめています。

映画監督さんからご依頼の 「ヘッドドレス」
お子様への贈り物に 「花飾りのセット」
感謝の気持ちをこめられた贈り物 「秋色リース」

大切な方へのお誕生祝いに 「生花 アレンジメント」 



すべてオーダーをいただいてから制作させてもらっています。

オーダーからお渡しまで お時間をいただいていますが、
お客様の気持ちや思いを伝えることを 一番大切にしています。

「花をつかって」

時と場合によって 生花をおすすめするときもありますし、造花をおすすめもします。
私がたずさわる仕事の中で 何を選ぶことが 一番お客様の思いをつたえられるのか。。。

オーダーをいただくときはじっくりお話を伺わせてもらっています。


長年 花に携わる仕事をさせてもらっていますが、
以前「フラワースタイリストさんですか?」「フラワーアーティストさん?」と尋ねられたときに

しっくりしない自分がいて、自分はなんだろうと考えたこともありました。
確かに そういった肩書をいただくと 自分が高まった気分になって嬉しくなります。


でも今は「花を仕事にしている一人のひと」 

大切なのは 皆さんの気持ちやしたいこと、伝えたいことを ちゃんと私の扱う花や材料を通じて形になり、伝えてゆくこと。

これこそが 今の私の一番大切にしたいことだなと最近またよく思っています。。。


日記として記しておこう。


ご依頼いただくお客様にはそれぞれ思いがあって、物語がある。
だから出来上がるものもおなじものはない。
作品集もなければ、制作したものを写真に残すこともめったにしない。

その物語を聞いて、形にさせてもらったことで 私の中では完成してしまっているからなのか。
新たな気持ちでまたお客さまの話を聞きたいからか。


夫はそれを知って、たくさんの作品を画像に納めてくれている。
そうして時には フェイスブック(私は扱えない、、)に掲載してくれたりする。
言い合いになったりもするが、以前その画像を見てみると。。。

何年かも前の作品もあり お客様の顔が浮かび、その時のエピソードがよみがえっては涙してしまった。


そうして夫がそんな前から撮り続けていることに 感謝したい気持ちになった。


 
by green-tokyo | 2013-09-26 15:02 | 日記 | Comments(0)
←menuへ