no.453 春の箱にこめられたおもい_a0139315_16563288.jpg

ゆっくりゆっくり時間をかけて
3月のテーマのひとつ「木箱におさめるワーク」最終日を迎えました

お客様ともいろんなことを感じながら
特別な時間だった

自分自身の目が自然に慣れてくるまでに時間がかかること
それさえも愉しみながら
ゆっくりゆっくり集中した

慣れてくると見えなかったものがみえてくる

私が市場で花を魅るときにも必ずする儀式があるように
その瞬間が本当に好きだ

先月の下田でもそうだった
野草のなかで 落ち葉を踏み分けて歩いているときには何も見えなかった
それが同じ場所でじっとしていると
ひとつの変化を見つけさせてくれる 「つくし」だった
わあ!と声をあげると
自分の足元すべてが「つくし」だった
そんな瞬間がここにもあった



no.453 春の箱にこめられたおもい_a0139315_16561844.jpg
no.453 春の箱にこめられたおもい_a0139315_16564487.jpg
no.453 春の箱にこめられたおもい_a0139315_16562666.jpg
no.453 春の箱にこめられたおもい_a0139315_16555902.jpg




桜に木藤
つくし
ミモザ
パンジー
スイトピーやポピーの美しい色が
丁寧に
春の箱におさめられてゆく



no.453 春の箱にこめられたおもい_a0139315_16560648.jpg



見えなかったものが見える瞬間を
ふやしてゆきたい
あらためて心にひびくワークになりました

足を運んでくださったお客様に
心からの感謝をこめて


シリーズワーク!来年は≪夏≫の箱?≪冬≫の箱かな
お楽しみに(^u^)



これから先に予定しておりますワークスケジュール(予定)ができました
ぜひご覧くださいませ

←menuへ