<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0139315_16505457.jpg


先日 笑顔の印象的なお二人がプライベートワークショップにいらしてくださいました




a0139315_1657785.jpg

a0139315_1657438.jpg


秋の実りの中で紫陽花のリースを束ねるのもいい
ナナカマドの真っ赤な実がうらやましそうに紫陽花の美しい柔らかな花色を眺めているようにも


紫陽花が路地で美しく咲くころは梅雨の雨に打たれて
お部屋で飾るにも風通しよく!と口をすっぱくしてお伝えしていましたが
今時期の 紫陽花リースなら湿度を心配なく飾っていられるのも この季節ならでは



a0139315_1733745.jpg

a0139315_1735873.jpg


つくりたいものをつくる そんなワークショップもとてもいい時間でした



お忙しい中 ご相談いただき本当にありがとうございました!
またお会いできることを楽しみにしています(^u^)


a0139315_1763024.jpg

a0139315_1764882.jpg

a0139315_1454693.jpg


1週間の秋のリースづくりを終えました。。。


今年は9月の長雨につづき 急な朝晩の冷え込みでぽかぽか陽気の秋を愉しめる日々も
数えるほどしかないのかもしれないのかなと

息子のおいも掘り遠足からの宝物のおすそわけをほおばりながら
なんておいしいいんだろうと
かぼちゃやきのこや栗などの実りにほっとする

秋の実りを欲するのも本当にひとの 動物の 自然界の本能のようにあらためて思う

夏が終わり 肌寒くなれば次はサンタさんのことばかり気にしていた私の子ども時代
運動会すらなければ私はちゃんと秋にたちどまらない子どもだったのかもしれない。。。
母親の栗ご飯に感謝しなければ。。。(^u^)


だからこそ今こうしてアトリエに足を運んでくださり
自然の実ものたちを眺めほほえみ 束ね、重ねて秋を編むようにリースにつくりあげる姿は
秋のつくりだす 自然の美しさ 豊かさをたくさんの人が感じようとしてくれていること
そのものだと

あらためてこの美しさを知ったように思えた

ゆっくりそれぞれのペースでこれからも秋を愉しんでほしい。。。
心から思う日々となりました

ご参加くださった皆さま 本当にありがとうございました!



a0139315_1435576.jpg

a0139315_14354182.jpg

a0139315_14361153.jpg

a0139315_1436319.jpg

a0139315_14364949.jpg

a0139315_143787.jpg

a0139315_14373045.jpg

a0139315_1437549.jpg

a0139315_14383336.jpg

a0139315_14391835.jpg

a0139315_14393874.jpg

a0139315_1440284.jpg

a0139315_14402644.jpg

a0139315_14405917.jpg

a0139315_14415472.jpg

a0139315_14421132.jpg

a0139315_14464933.jpg



まだまだ秋深くなりますね。
皆さま どうぞ身体を温かくおすごしくださいね。


11月のワークショップは スパイラルブーケの集大成です!
どうぞお楽しみに
a0139315_1610473.jpg


11月を迎えると
秋が深まりいよいよ平和公園のイチョウも黄金色に変化し始めるとき
冬支度へのはじまりです


最低気温15℃を下回るようになると 植物たちは成長をゆっくりとめて休眠期に入ります

活動的だった日々にくらべ 
一枚上着を重ねて ゆっくり過ごすようになったり
太陽が顔を出す日は自然と外の景色を散歩してみたくなったり

家仕事の忙しさは変わらない中にも 人の本能も植物と同じようなのではないかと
植物の日々を見てゆくたびに強く感じる

10月は秋色にむかう植物、花の変化を愉しみながら
花活けや 実ものたくさんの秋リースに挑戦

11月は秋深い生花を使ってスパイラルブーケの集大成です
大きな贅沢なブーケも素晴らしいですが
今回は丈は小さく でも手のひらで抱えられないほどの美しいラウンドを描く スパイラルのブーケに仕上げます
スパイラルの技法によってしっかりと自立する姿にはいつもため息が出てしまう

a0139315_16105631.jpg

a0139315_1612365.jpg

※過去のスパイラルブーケ

初めての方にもゆっくりお伝えします
クリスマスリースワークショップ前の 今年最後の生花ワークショップとなります

a0139315_16132792.jpg


皆さまのお越しを花たちとともにお待ちしています!




2016年11月 atelier workshop vol.74 「スパイラルブーケ 秋を束ねる」 

日時 11月 14日(月)13:30~15:30
    11月 15日(火)13:30~15:30
    11月 17日(木)10:00~12:00
    11月 18日(金)10:00~12:00


参加費(材料費、お茶付)  おとな 5000円/ こども 2500円
持ち物 お持ちの方は 花ハサミ
参加人数  各4名様



お申込・お問い合わせ green|greenCAFÉ(板橋区常盤台4-5-23 平和公園すぐ近く)
メール: greenworktokyo@gmail.com
Tel: 090.2924.1499 まで
a0139315_17522796.jpg


土曜日に尊敬する先輩二人が変わらない笑顔で訪ねてきてくれました



花の勉強をしたい!という気持ちを応援してくれた会社員時代の先輩
15年以上前にもなる。。。
新入社員として入社させてもらってから 仕事を通じて、私は先輩方はじめここで出会うたくさんの人に
刺激といろんな考え方
人はそれぞれでいいし、それを認め合いながら自分自身と向き合ってゆくものだと
教えてもらったように思う

私にとって宝の時代のひとつ。



a0139315_926513.jpg

a0139315_9264081.jpg

a0139315_9265948.jpg




懐かしいけれども鮮明なその時の笑い話などなど
話をしながらも手を動かせる 手を動かしながらも美しいリースに仕上げられてゆく

その感覚は
編み物のような
パズルのような
「つくりこむ」とはまた違う感覚を感じる

このリースの技法ならではの感覚

これからも私自身が一番好きな作り方をゆっくり伝えてゆきたいと
改めて思う時間になりました

季節を束ねるように



このアトリエに こうして足を運んでくださった先輩方
心から感謝しています
凛としたお二人に癒されて、、、今も思い返しています。。。
本当にありがとうございました!




月末に始まるワークショップ「秋のリース」
ますます皆さんに喜んでいただける時間になることを実感できた
プライベートワークショップとなりました


またこれから市場通いの日々がはじまります(^u^)
いよいよ秋深く
a0139315_1310160.jpg


ツルウメモドキはどんどんと緑のベールを名残惜しそうにカールしながら
朱赤の実を魅せてくれる
その形は羽つきの羽根やほおづきのように見える

ビバーナムコンパクタの葉は 秋深まる日々を思うように色を染めて落葉し
赤い実は小鳥たちに見つけてほしいとばかりに朽ちることなくたわわと鮮やかでいる

この時期ならではの 色や形の移ろい
それを枯れてしまったではなく ゆっくりと眺めて美しいと言える心の豊かさ
秋の紅葉のように
この時期ならではの愉しみを 


まるで時の止まったような無機質さをテーマとした器と合わせて
皆さん秋の美しさを その方らしく表現してくれました



a0139315_1341205.jpg

a0139315_13415688.jpg

a0139315_1342382.jpg

a0139315_13431793.jpg

a0139315_13433894.jpg

a0139315_13441228.jpg

a0139315_13444763.jpg

a0139315_13452772.jpg

a0139315_1345444.jpg

a0139315_1347923.jpg




月曜日・火曜日は カフェでランチを お腹を満たしてくださった後に 花を
そうしてゆったりデザートまで。。。
そんな楽しみ方も(^u^)

木曜日・金曜日は カフェお休みの空間
だからこそアトリエとして 皆さん好きな場所でのびのびと花と向き合ってくれました


ご参加いただきました皆さま 本当にありがとうございました。
10月は秋のワークショップ 第2弾 秋を束ねてリースにしあげます!



おたのしみに。
皆さまとお会いできますことを 秋の実たちと一緒にお待ちしています。
←menuへ