カテゴリ:植物( 6 )

a0139315_137326.jpg


いよいよ日本の夏がきた!という感じです。
毎年思うのは高温そして多湿すぎる夏。

年を重ねることに 暑さとともに湿度も高くなっていることを全身で感じています。

私たちと同じように植物も悲鳴をあげているのでは。。。


我が家では 何年も前から南向きや3階の西向きのベランダでは植物が成長そして維持管理できないでいる。
優しいグリーンを芽吹いていたはずが どんどんと大木のような固い葉で覆われてしまう植物。
日焼けをして瞬く間に葉を落としてしまう植物。
などなど
いろんな経験をしてきた。

そうしてすべての植物たちが求めている場所はどこかと移動をくりかえしながら 今の場所に落ち着いている。


a0139315_13164727.jpg

a0139315_13171698.jpg

a0139315_1318863.jpg

a0139315_13183339.jpg

a0139315_13192145.jpg




あんなに喜んで伸びのびとしていたハワイ島の植物たちと我が家の植物は比べきれないが
同じ夏でも ハワイ島は人にも本当に心地よい、過ごしやすい夏だった。
a0139315_13244580.jpg




明日、40度も超えるハウスの中で植物たちを徹底的に見守っている生産者チームのもとへ向かって
夏と植物の関係を学んできたいと思う。

まだまだ学ぶことは本当にたくさんある。
植物を育てることが学びになるように それが気づけるかどうか 子どもたちにそんな気づきを与えられたらと本当に思う。


a0139315_13295968.jpg

a0139315_13301744.jpg


来週【7/28】からはじまるworkshopでは 
子どもたちはじめ、参加くださる皆さんといろんな植物の話し合いができること
そうして、どんな作品に出合えるか本当に楽しみです。

息子はオーガニックのチョークボードペイントで真っ黒に塗り重ね、チョークで思うがままに描くのがお気に入り。
はじめてお花を書いてくれた。



夏休みの自由課題にもつながればという思いで植物について子どもたちの目線でお話させていただきます。
ノートや筆記用具をお持ちくださいね。


皆さまにお会いできますことを楽しみにお待ちしています。

今日は先日の積雪がうそのように… あたたかい日和でした。

寒い冬の間から もうすぐかな。今かな。まだかな。
明日からまた寒くなる!? と一喜一憂しながら…

気になって仕方なかったことです。


「植物の植替え」

窮屈そうな植物を ゆったりとした土におろす瞬間は なんともいえない心地よさがあります。
ミミズを見つけては 喜んだり…
根っこがおばけのように つらつらしていたり…

本当に楽しい。


私は これをこれに、この鉢があいたらこちらに…とお願い係だけで申し訳なかったですが。。


ひとつからはじまった植替えは…
着せ替えのように 次から次へとつながり アトリエの入り口はすっかり植木屋さん。
植替え大会になっていました。

これもお天気だからこそですね。

植替えをしていると 大好きなご近所さまたちがあたたかく声かけてくださって…
よりにぎやかになるのです。
これも植物の力かもしれません…。

植物に夢中になりすぎて カメラを構える瞬間さえ忘れてしまった 今日の植替え大会でした。


あらためて、柔らかい緑を芽吹き 鮮やかになった植物を紹介させていただきますね。


来週24日(土)&25日(日)は ワークショップ開催です。

a0139315_17431298.jpg


ドライフラワーや造花を使って 春らしいかわいいリースをつくります。
お部屋の壁にさりげなく飾ってみませんか?

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
(※詳細は こちら→ workshopをご覧くださいませ ) 

今日は 群馬から親友一家も駆けつけてくれ にぎやかなアトリエとなりました。


お客さまや友人も関係なく 子供たちも交えて 「おりがみ教室」 がはじまったり…
コーヒーを飲みながらの 温泉話… などなど

お天気もポカポカなお散歩日和もあって たくさんのお客さまにお越し頂いて
友人もすっかりスタッフの一員!?となっていました。

いつもそっと支えてくれて…本当にありがとう。

お越し頂いたお客様方 本当にありがとうございました…



秋といえば… おいしいものに囲まれて 冬支度のように食べては蓄える!?体質もあり
いつもいつも おいもや栗やかぼちゃや… いただくことばかりに夢中でしたが。

アトリエ前にたくさん落ちている 落ち葉を かごを手にして 拾い集めたり
どんぐりをひろったり

落ち葉をつなげて かんむりにしたり…

秋の実りのたのしみ方のひとつを 子供たちにまた教えてもらいました。
a0139315_20505912.jpg

a0139315_20513070.jpg



a0139315_20522025.jpg


毎週拾おうかな。


あたたかいお客さまにいただいた つるうめもどき がアトリエを飾り立ててくれています。
お心遣いに心から感謝しています…
a0139315_2053822.jpg





すっかり秋なのですね。
a0139315_2053435.jpg

朝晩 肌寒い毎日になってきました。

先日まで夜は 蝉とこうろぎ が合唱していましたが、今日はこうろぎの独唱でした。
もうこのまま夏は終わってしまうのでしょうか。

暑すぎるのは得意ではありませんが、
太陽の日差しをサンサンにあびて キラキラしている浮草たちを眺めることが好きです。

今年もいつのまにか増えつづけ あっという間ににぎやかになりました。

a0139315_21594573.jpg



a0139315_2205990.jpg

アマゾンフロッグピット(まるい浮草)
長いヒゲ状の根をもつ 浮遊植物
葉の裏はスポンジ状で浮力をもっている
メキシコ・西インド諸島・パラグアイ・ブラジルに生息

a0139315_227388.jpg


                     オオサンショウモ(「ちいさい耳のような葉がついた」という学名をもつ)
                     1年を通じて水面に浮いて育成していく
                     シダの仲間
                     南米・ブラジル・アフリカ・マレーシア・シンガポールなどに生息


アトリエで金魚すくいはできませんが、浮草すくいはさせていただこうかな。

冬(10月~) は屋外では 寒さのため変色してしまいますが、
またあたたかくなると どんどん鮮やかな緑の子どもが顔を出し 初夏のころにはまたキラキラに輝きだします。
「また 会えたね」と思わず声をかけてしまいます。

植物たちが到着しました。


最近は生命力を感じる植物にひかれます。

a0139315_1745846.jpg

大きなパキラ。

ちいさなアパート暮らしの時から 何度 大きな葉の下でご飯をいただきたい。。
と思ったことでしょう。。。(むりやり試みたことも!?)

今回は見あげられるくらいのパキラを入荷しました。
a0139315_17513983.jpg

到着した植物たちの場所づくりをしなくては。

アトリエ店頭では 小さな観葉植物も何点か並べていく予定です。
a0139315_17575512.jpg



最後にひとめぼれした植物をご紹介です。

a0139315_1801347.jpg
















やっぱりこの葉の形状(羽状複葉)にはひかれてしまいます。
オペルクラリア・デカリと申します。

私たちの引越しは、たくさんの植物たちとともにでした。
それからというもの、植物ひとつひとつが落ち着く場所を探し求めて。。。

1階の日陰がすきなもの、3階の日当たりサンサンがすきなもの。日差しが強すぎてもだめなもの。。
1階から3階まで プランターや鉢を抱えながら 何往復もしていました。

本当にそれは大変な作業ですが、すきな場所に落ち着いた植物の成長は急速に早く。

新芽をみつけると、足や腕にできた擦り傷(狭い階段を往復するので。。)をすっかり忘れてしまうほどに嬉しくなってしまいます。
植物の声に少しでも耳を傾けられたのかなと 思う瞬間です。

そんな中、はじめて「ブラックベリー」がたわわな実をつけてくれました。

a0139315_18562538.jpg



毎朝、目覚めては今日は何個?
楽しみでした。

いっぱいいただいた後は、思い切って「ブラックベリー酒」に。

a0139315_1961347.jpg








お酒は飲めないのですが。。。 これなら挑戦できそうです!

次回はこつこつと進めていますアトリエの様子を報告させていただきます。
←menuへ